2100年、月で

2100年、月で

四畳半の部屋に宇宙の風が吹く だれも泣かない夜が来るかも

ローソンのビニール袋と左手を繋いで歩く満月の道

たくさんの人と話した帰り道、ビニール傘の骨の静けさ

しあわせになりたいだけだ AEONの看板の右斜め上に月

すこし欠けた月はやさしい 飴色の滲むひかりを胸にとかした

かなしいは分け合えなくて森永のムーンライトを半分かじる

この夜の宇宙の端を鳴らしてる奥歯をこする歯ブラシの音

やだったねえ、やだったよねえ、おふとんの中でわたしを折り畳んでる

手のひらを枕の下に差し込めばひんやり触れる月の裏側

何本も押し上げ行きを見送って月へ行くにはどうしたらいい

えび天というよりちくわ天っぽいきみがすきだな、うどんを啜る

2番線のホームの鳩の背に乗って静かの海へ飛んでゆきたい

どこから来てどこへ行ってもふふふふふ芋を蒸かして月と踊ろう

月面を舐めればこれはなんだっけ、なんだったっけ、ジンジャエールか

「アポロって名前のチョコがあったんだ。」2100年、月でつぶやく